So-net無料ブログ作成

桜田淳子さんとマドンナとプロの自覚 [桜田淳子 その他]

桜田淳子_モスクワ.JPG

ちょっと資料を見ていたのですが、
桜田淳子さんは、1987年にあの世界のマドンナの日本初公演「Who's That Girl Tour」を観に行かれてたようですね。その時のエピソードを。

東京での公演は後楽園球場、当然屋根はありません。
ところが淳子さんが予約していた6月21はすごい雨.....。
宮崎美子さんと三田村邦彦さんの3人で雨ガッパ、飲み物、40倍の双眼鏡と用意周到で出かけて行ったら、「本日は雨で中止となりました」、ガックリだったそうです。
そりゃそうですよね、楽しみにしていたんだから。

それでも諦めない淳ちゃん。
どうにか知り合いから余っていた翌日のチケットを1枚だけゲット、ラッキー!!
しかもアリーナ席前方、さすが運を持ってます!
とても良い席で、マドンナの鍛えられた肉体を見ることができたけどショックも受けたそうです。

最初から最後まで踊りっぱなし、彼女の体力のスゴさは「努力」あってこそ。
それに単にリズムに乗ってると言うのでは無い動き。
自分のプロとしての自覚のなさを思い切り反省し、追いつけるものなら追いつきたい…..。
そして「ガンバローと決断!!」したそうです。

桜田淳子さんがライブを単純に楽しむだけでなく、観たものを吸収しようとしている姿はすでにプロだと思いますが、更に反省しながら上を目指す姿が素晴らしいですね。

マドンナ初公演 ライブ中止騒動




nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

イワタヤイセタン

s-imgさん

お久しぶりです。

マドンナ懐かしいですね。
マテリアルガールとか、よく聞いていました。

淳子さんと同い年なので、特に刺激を受けていたのでしょう。

最近、気のせいか、淳子さんの映像やら、活字が目につきようになりました。

普通に話題になるのは、嬉しいですが、それより宮崎美子さんなど、旧交が続いていれば、それに勝るものはないです。

この時期になると、郷土の湧き上がるような暑さの中で、練習した日々が思い出されますが、相変わらずですか。

それでは、ブログ楽しみにしています。

by イワタヤイセタン (2013-08-17 17:29) 

KAZU

s-imgさん、

素敵な情報を、誠に有難うございました。

宮崎さんとは、昭和59年の【25才たち危うい予感】にて、三田村さんとは、昭和60年に【許せない結婚】で共演され、とても親しかったです。

宜しければ、掲載された雑誌名と、発行年月日をお教え願えますでしょうか。
by KAZU (2013-08-17 18:39) 

s-img

> イワタヤイセタンさん

ご無沙汰しています。
マドンナは、♪ボーダーラインのPV見たのが最初でした。
まだそこまで売れてない頃でしたが、スゴく好きな曲す。

本当にメディアで淳子さんの名前を見る機会がいぜんより多くなりましたね。
ファンとしては嬉しい限りです。
それと、淳子さんの事だから宮崎美子さん、それに中井貴恵さんら仲の良かった方とは手紙のやり取りをしているのではないでしょうか。大切にされる方だと思いますから。

こちらは相変わらず蒸し暑い気候ですよ。
今年は日本国中猛暑です。気を付けないといけないですね。
このうだる暑さ、イワタヤイセタンさんも熱中症にはご注意ください。


by s-img (2013-08-18 18:45) 

s-img

> KAZU さん

コメントありがとうございます。
掲載されていたのは淳子さんのイラストが表紙の「さくらんぼ」のNo.85です。
淳子さんはライブに行ったりと共演された方と仲良くされたんですね。
今回は、とても興味深いお話で皆さんにご紹介したく記事にさせて頂きました。


by s-img (2013-08-18 20:15) 

KAZU

s-imgさん、

有難うございます。

お写真は【さくらんぼ85号】の背表紙ですね。

この号でも写真プレゼントがありましたので、この号の写真も大切に保管致しております。

掲載内容のご案内を、誠に有難うございました。
by KAZU (2013-08-20 14:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。